投稿者: editer

24/2/20(火) 【中能生小学校様からの車椅子等の寄贈】

本日、中能生小学校のアルミ缶回収成果発表会に参加してきました。

アルミ缶回収活動についてのスライドと児童からの話があり、皆さんが頑張っている様子とご家族・地域の皆様の協力されている様子が伝わってきました。
(今年集めたアルミ缶は2月時点で2,107Kg!!

また、今年度もアルミ缶回収の活動により得た収益で車椅子1台、車椅子用クッション1枚、ポジショニングクッション4個をおおさわの里に寄贈していただきました。
(今年いただいた車椅子は平成5年から通算で
3台目になります。)
いただいた車椅子は使う方の身体にあわせて調整ができ、身体への負担が少なくなる工夫がされています。年々重度化が進む特養入居者にとても優しい車椅子です。
また、介護する側にも細かな工夫がされており、介護の負担軽減にもつながります。

お礼の言葉のなかで、昨年いただいた車椅子やクッションがどのように使われるのかを話しました。また、一昨年頂いた車椅子を利用されている方が、手足を使って車椅子自操を続けられていることもお伝えしました。
今まで寄贈していただいた車椅子や介護用品を通じて、中能生小学校の児童の皆さんが「おおさわの里の介護」を後押ししてくれる存在であることに改めて感謝の気持ちを伝えました。

中能生小学校児童の皆様ありがとうございました。
いただいた車椅子等は大切に使わせていただきます。

車椅子2
車椅子1
車椅子3

24/2/16(金) 【介護職員への応援メッセージ集】

糸魚川市より「介護職の皆さんに感謝の想いを伝える応援メッセージ集」をいただきました。

これは、糸魚川市が介護の日(11月11日)に合わせて、介護職の皆さんに感謝の気持ちを伝えるメッセージを募集し、市内の子供たちや介護サービスのご利用者やご家族から寄せていただいたメッセージを小冊子にしたものです。

当法人事業所のご利用者からのメッセージもあり、うれしくなってしまいます。

このメッセージ集を読んで、明日からも頑張っていきます!

応援メッセージ集

24/2/12(月) 【ショートステイ受入再開について】

この度、短期入所生活介護おおさわの里での新型コロナウイルス感染症発生に関しまして、関係する皆様には多くのご迷惑とご心配をお掛け致しました。

その後、新たな感染者の確認も無いことから、本日よりショートステイの受入れを再開させていただきます。

引き続き、感染対策の徹底に努めてまいりますので、何卒ご理解を賜わりますようお願い申し上げます。

2019289

24/2/7(水) 【ショートステイ受入休止について】

本日、短期入所生活介護おおさわの里において、ご利用者1名の新型コロナウイルス感染が認められました。

つきましては、今後の感染拡大防止と早期の終息を図るため、下記の期間、ショートステイの受け入れを休止させていただくこととしましたので、お知らせいたします。

【休止期間】令和6年2月7日(水)~令和6年2月11日(日)

なお、今後の感染状況等により、休止期間を延長する場合もありますので、あらかじめご了承ください。

ご利用者及びご家族をはじめ当施設に関係する皆様にはご心配をお掛け致しますが、引き続き感染対策の徹底に努めてまいりますので、何卒ご理解を賜わりますようお願い申し上げます。

 

地震情報(21:00現在)〈24/01/01・月〉

本日16:10に石川県能登地方を震源とする震度7の地震が発生しました。
(糸魚川市は震度5強)
地震に影響等についての情報をお伝えします。

<施設関係>
・施設の入居者及び利用者、出勤職員等に被害がないことを確認しています。
・施設の建物被害がないことを確認しています。(軽微なものを除く)
・耐震装置の作動で停止した設備(空調、ガス等)はすべて復旧しています。

 

<職員に向けて>
・地震被害にあわれた職員は、部署長及び庶務課へ報告をお願いします。
・通行止めの道路があります。出勤ができない職員は部署長へ報告をお願いします。
通行止め・・北陸自動車道、国道8号線の名立谷浜インター~加賀)
 また、帰宅困難の職員には施設の休憩室等を開放しています。
・出退勤は道路状況に十分注意をお願いします。

新年の挨拶〈24/01/01・月〉

謹 賀 新 年

ご利用者の皆様の笑顔にたくさん会えるよう
役職員一同頑張っていきます

お正月
今年も大洞の長崎様より立派な門松をご寄付いただきました。

  tatu2

<糸魚川タイムス・新春号より>

おおさわの里様2401介護フォーマット (3)

本年もよろしくお願いいたします

大晦日〈23/12/31・日〉

大晦日 (3) 大晦日 (1)

入居者・ご利用者および御家族の皆様、ボランティアの皆様、地域の皆様、関係機関の皆様、業者の皆様、今年もたいへんお世話になりました。
皆様方のご理解やご協力に心より感謝申し上げます。

職員の皆様、まだ続いている新型コロナの影響や介護人材不足等の厳しい現状のなか、日々の業務を一生懸命頑張っていただき感謝しかありません。
職員の皆様、本当にありがとうございます。


今日は大晦日です。皆様にとってはどんな1年だったでしょうか?

新しい年は笑顔と笑いがあふれる楽しい年になるといいですね

23/11/16(木) <特養>                                 【チューリップの球根をいただきました】

本日、第四北越銀行能生支店の支店長様が来園され、チューリップの球根を贈呈していただきました。

第四北越銀行様はチューリップを「行花」と定めており、毎年この時期に贈呈していただいています。
来年の春に花壇で綺麗なチューリップが咲き、ご利用者の心を和ませてくれることでしょう。

DSCF7854 DSC_1327

第四北越銀行様ありがとうございました

23/10/26(木) <特養>                                        【連合新潟上越地域協議会糸魚川支部様からのご寄附】

連合新潟上越地域協議会糸魚川支部様から、アルコール消毒液とハンドウォッシュとタオルのご寄附をいただきました。

新形コロナは5月から類型が2類から5類に変更されましたが、感染は依然として続いており、施設では予防対策を継続しています。

消毒、手洗いは基本的な感染予防です。今回ご寄附頂いたものを使って感染予防に努めていきたいと思います。

連合新潟上越地域協議会糸魚川支部様
ありがとうございました。

連合ご寄附 (2)連合ご寄附 (1)

 

23/10/25(水) <特養>                               【ふれあいホッとコンサート】

本日の14:30から集会室で「 ふれあいホッとコンサート」が行われました。
このコンサートは新潟県が主催され、県内の特別養護老人ホームや病院、特別支援学校などに素敵な音楽を届けてくれるコンサートです。
新型コロナの影響で、施設でのこのような大きなイベントは約4年ぶりとなります。

フルート奏者の丸田悠太(まるたゆうた)様とハープ奏者の高江洲愛(たかえすめぐみ)様をお迎えして、素敵な演奏を楽しみました。

本日のプログラムは以下の通りです
①アヴェ・マリア
②歌劇「アルルの女」より”メヌエット”
③アンダンテと変奏
④七つの子変奏曲
⑤見上げてごらん
~アンコール~
⑥星に願いを
⑦赤とんぼ


途中で楽器の紹介を含めながら約45分間のコンサートでした。
フルートとハープが奏でる素敵な音色の演奏を楽しみました。
馴染みの曲では曲に合わせて口ずさんだり、手でリズムを取ったりと聴いている皆さんは演奏と一体となっていました。心が和み、温まり、ホッとするひとときを過ごすことができました。

入居者の方からは
「このような機会はなかなかないので、とても良かった」
「とても素敵な音楽だった。こんなに近くで聴けてうれしかった」
など、とても満足された言葉が聞かれました。

4年ぶりのイベントが「ふれあいホッとコンサート」で良かったなと感じました。

丸田様・高江洲様ありがとうございました。

ふれあいコンサート (01)ふれあいコンサート (02)

ふれあいコンサート (03)ふれあいコンサート (04)

ふれあいコンサート (05)ふれあいホッとコンサート-1

[オリジナルサイズ] ふれあい ホッと コンサート1